【一気見】アニメ「氷菓」圧倒的名作アニメは今もみずみずしい【周回できる】

米澤穂信の推理小説「氷菓」。<古典部シリーズ>の第1巻で著者のデビュー作です。アニメ・漫画・映画もあります。

「日常系ミステリ」で、毎日の些細な謎解きが繊細に描かれているアニメです。

ガチガチのミステリーではないけれど、「ちゃんとミステリだな」と思えるところもいい。

そして、作画が美しい。

さすが「京アニ」。

制作は「京都アニメーション」美しく繊細な作画で有名なアニメ制作会社。

光と影の表現力、水面の反射や木々のみずみずしさ。

何年たっても「みずみずしい」、名作はやっぱり違いますね。このアニメ「氷菓」は周回できます。

TVアニメ「氷菓」を紹介します。

アニメ氷菓:あらすじ

省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。

「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン、千反田える。中学からの腐れ縁、井原摩耶花と福部里志。

彼ら4人が神山高校を舞台に、数々の事件を推理していく青春学園ミステリ。

「氷菓」公式サイトより引用

アニメ氷菓:見どころ【3つ】

  • 地味に沁みるミステリ
  • 魅力のある登場人物
  • 渾身の京アニ作品

地味に沁みるミステリ

この作品、至って普通の設定なんです。普通の高校生活で起こる、ちょっとした疑問が推理に発展していく。

ミステリですが、派手に人が死んだりしません。ドロドロした感じはないですね。

「ちょっとした疑問」から「推理」に発展していく過程。(ちょっとした起爆剤があります。)

「推理」していく過程。

全体的に静かに物語が進みます。些細なことを積み重ねます。

見せてくれる、聞かせてくれる、余白を大切にしているのが分かります。

魅力のある登場人物

古典部員の折木奉太郎・千反田える・福部里志・井原摩耶花、この4人。

うん、いい。すごくいい。

そして、たまにしか登場しない人達も、絶妙にいい。

折木姉、遠垣内先輩、入須先輩、十文字さん、、、

一人一人、適当な感じがしません。そして何か起こる感じがする。

渾身の京アニ作品

「京都アニメーション」制作というだけで、すごい期待してしまいますが、観てやっぱり「ため息」です。

みずみずしく繊細なアニメーションに脱力します。

「満たされて、力が抜ける」

放送が2012年の作品ですが、光や影、特に水の透明感が際立って繊細です。さすが名作、さすが京アニ。

アニメ氷菓:見るならどこ?【無料】

アニメ「氷菓」、いろんな動画配信サービスから観ることができます。

無料で見るなら動画配信サービスの「無料お試し」を利用するのが安全で簡単です。

動画配信サービスでは「無料お試し期間」が設けられているいるところが多いです。無料期間中は、いくらでも動画が観れますよ。

サービス名配信状況無料期間月額料金
dアニメストア◎見放題31日間無料440円(税込)
U-NEXT◎見放題31日間無料2189円(税込)
hulu◎見放題2週間無料1026円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です